FC2ブログ
- comments
- trackbacks

一般論なんだが、見た目一緒で「中身を変える」一つの方法について、述べてみようと思う。


例えば、クライオ処理という技術があった。正しく処理すれば、金属の強度が変わるはずである。
"Cryogenic treatment"は、オーディオでは有名だろうな。

刃物とか工具などには、「アニーリング(焼き鈍し)」を使う。プロセスとしては、クライオの逆だな。


じゃあ次に、「こんな方法もあるぞ」という内容に触れてみよう。
エネルギーの極めて強い中性子線は、人体に当たると細胞そのものを、遺伝子そのものを破壊するほどの威力があるんだが、
これを物質に当てるとどうなるか?である。
殆どのオーディオ製品というのは、金属(導体)が重要な役割を果たすのだが、
金属に中性子を当てると、「安定状態」の均衡が崩れてしまう。

例えば、「銅(Cu)」の安定同位体は、63Cuと65Cuであるが、
オーディオケーブルなどの銅線は、必ず安定同位体が使われているはずである。たぶんね。

例えば、天然銅の69%を占める63Cuに中性子をあてると、n,γ反応により、γ線を放出しながら別の物質に変わる。
式にすると、こんな感じである。
63Cu(n,γ) 64Cu
つまり、中性子を補足することで、64Cuという放射性同位体に変化してしまう。
左側(n:中性子)が入射粒子、右側(γ:γ線)が放出粒子である。

64Cuは「安定同位体」ではないから、安定化するまで放射性崩壊を続ける。
その度に、娘核種という同位体、あるいは別の金属の同位体に変化していく。

64Cuは、12.7時間経つと、総量の半分が放射性崩壊を起こし(1半減する)、その際に0.653MeVと0.579MeVのβ線を放出する。
1半減が12.7時間なので、2半減(4分の1になる)には25.4時間かかる。

上記の反応には原則として核燃料(中性子源)が必要になるが、もっと身近な現象も応用できる。
これがおそろしい・・・オーディオにとってね。


安定同位体である63Cuに対しての反応だが、式を書くので、勝手に解読してみよう♪
63Cu (α,n) 66Ga


ついでに、補足してみよう。

身近にあるα線源は、天然ウランである。山中によく落ちてる。このような岩は、大阪でも普通に手に入る。γ線とゴチャマゼで適当に換算すると0.3μSv/hを軽く超えるくらいである。

放出粒子がn(中性子)で・・・ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

Gaは、「ガリウム」であるが、66の同位体は9.49時間でβ崩壊するんだが、
この時に放出するエネルギーの49.3%が4.153M(メガ)eVと大きいのである。

ちなみに、身体に影響すると言われているCs(セシウム)137のβ線は、94.4%が0.514MeVであるから、Gaのエネルギーの強さがうかがえる。



セシウム134, 137およびストロンチウム90などの有名核種のβ線(およそ0.5MeV以下)は、およそ空気中で1~1.5mの飛距離があると覚えておけばいいのだが、66Gaがエネルギーが強いので、もっと飛ぶことになる。
単純に、空気中の電子の飛程とエネルギーの強さ」という観点で見れば、4MeVのβ線は10^3cmを軽く超える。つまり、10m超えなんだが。

本当のオカルトで「何の作用も無い」商品は、この点だけが唯一の救いである。


まあ、何が言いたいかというと、
1)こういう方法で物質を変えることが出来るよ。
という点

さらに、
2)知らん間に物質変わってたら、音も変わってるよ。
という点

ついでに、
3)エネルギーの強いβ線は身体に悪いよ。であって、

4)4MeVって、ウランとかプルトニウムが4MeVのエネルギーなんだけど・・・
であって、

5)その強度のα線って、細胞が全部死ぬくらいだと聞いてるよ(飛距離内の話で、体表(空気中)なら数mm範囲で穴が空く)
であって、

6)まあ、俺の根拠の一つは、チェルノ○イリの医師 Dr. Va*******なんだが。リアルな声ってやつだな。

7)病気になるよ。

8)おさらい(これは、ハー○ードの医者から聞いた)
中性子線:溶ける
α線:穴が空く
β線:熱傷(やけど)
γ線:(特に何も・・・) ※ここ一年でCT 40mSvくらい被曝したが、特に問題無い。


9)当方の処理には、このような危険な方法を用いていませんので、ご安心を。
である。


オーディオの闇について、今日も触れてみました♪

「闇」も、明るく照らすと楽しいよ♪

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「擬似月」

【固定記事】"New Blog"へ移行します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。