FC2ブログ
- comments
- trackbacks

水面に写る姿が実に美しい桜である。
見頃は過ぎてしまったが、代わりに「水面に浮かぶ花びら」を見ることが出来た♪

こうして見ると、実物も美しいのだが、反射する姿も大変美しい。
諸木野の桜


こうして見ると、ふと気付いたことがある。

「それ(この場合は桜の木」がキレイなら、反射する姿も美しいことに。

逆に言えば、きたない物を水面に写しても、キレイにはならないということ。

壁の反射が悪いということで、「部分的な」むしろ「局所的な」吸音材や吸音パネルを使うというのは、
誤った吸音
こういうことに過ぎない。


おや?
スッポリと抜けてしまいましたね・・・

え?
何がって?

「情報が」ですよ。


本来、反射する姿が「本来の美しさ」を、そのまま表現するようにすべきなんですが、
99.9%上手く行っていないはずである。

でも、それを「グレードアップ」だと称する、悪い刷り込みが【MIMG効果】の成果でもあるんですよ。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「MIMG 効果」とは、何を意味するのか

良し悪しの本質を分からなくさせる目くらまし効果「MIMG effect」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。